スポンサーサイト 
-- / -- / -- ( -- )  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もり森 
2009 / 09 / 23 ( Wed )  10:43
 永遠の夜(仮)の下書き1ページ目。
下書き
 ネームを書き上げた時点で4ページになりました。
 そのネームの上から清書の形で下書き。

 森の中です。とても好きなところですが、書くのは大変ですな。はっぱっぱ。
 そういや。

 先々週、余りの青春18きっぷで山梨県へ。一人旅~☆
 昇仙峡へ行ってきました。
 でも、昇仙峡を堪能していたというより、殆どの時間、藪深い森の中をさまよっていましたい。

 その日。
 路線バスを降りた、昇仙峡入り口。
 気になってしまったのは、脇にあった登山道。
 順路とは違うけれども、多分、繋がっているでしょ。
 よし、登ってみよう。ざっざっざ。
 む? むむ? なんだか、道というより、獣道? いや、それどころか、雨水が流れ下った小沢のようにしか感じられないのですけど?
 本当に登山道なのだろうか。
 その疑念を払ってくれるか如く、申し訳程度に朽ちた道しるべが立ち木に掛かっている。
 しかし進む毎に藪は深くなっていく。
 辺りより幾分か、草の浅いところを探してそれを道とする。
 木は視界の先まで埋め尽くし、昇仙峡を望むこともできない。
 第一、どんどん高度が上がっている。そりゃそうだ、昇仙峡という谷に行く筈なのに、今進んでいるのは登山道。頂上を目指している……う、間違ったかも。
 かれこれ、二、三十分は登っていたのだろうか。
 空が明るくなった。木のないところ、だ。
 あ。
 ドライブウエーに出た。後ろを振り返る。
 そこには藪。そして、よーく目を凝らすと、藪の中にはぼろっぼろの道しるべが……
 いや、これを登山道の出入り口だと気付く人はいないでしょうねー。 
 仕方なく、道路を行くことに。途中、すずめばちに襲われたりする。なんとか回避。
 というか、待て。しつこく山登りしてませんか?
 それに、車で走る道に、足で立ち寄れる場所が方々にあるわけでもなし。
 どうしよう。もしかして。あの道をまた引き返すしかないんか?
 でも、今どこにいるかも分からないんだ、それしか手はない。
 今度は下り道だ、足への負担は登りより辛いと聞くからいたわらないと。
 下る下る。こんな藪の中でも、なんとなく見覚えがあると思うものなんだな。
 で、いつの間にか知らないところに来ていた。何やってんだ。
 風の音と、虫の声ぐらいしか聞こえない。どこなんだろう。
 しばらく下っていくと、まあ、下るというより、滑り降りる感じだが。
 木々の向こう、下の方に建物のようなものが見える。
 道が近いのかも。
 結構、斜面が険しいのと、ふかふかの腐葉土だから、滑り落ちないように気を付けないとな。
 と、すぐそこにも何かあるぞ。
 コンクリートの支柱が見えた。道しるべ? こんな立派なものあったっけ。
 回り込んで彫り込みを読む。
 「砂防指定地」
 なんだそれ。
 更に降りてさっきの建物がきちんと見えてきた。鉄柵で囲まれている。
 それは、コンクリートの固まり、砂防ダムだった。
 ふと気付く。
 今、すごいところにいないか?
 よく見ろ、足もとは滑り落ちそうな斜面。
 物音も聞こえない山の中。そこに一人。
 砂防ダムは鋭く切り込んだ谷を塞いでいる。
 おい、ここでもし足を滑らせたら、帰れなくなる。
 途端に、手が震えてきた。……すごいことになっていないか?
 落ち着こう。落ち着こう。まずは、登って安全を確保することだ。
 辺りを見回す、今更気付くこと、どの木も枝のように細く、力を掛ければたやすく抜け落ちそうだ。
 これは慎重に体重を預けていかないと、木もろとも地獄行きだ。
 一歩一歩、足場をしっかり取り、一本一本、感触を確かめながら木を掴んでいく。
 無心にひたすらに、登ることだけを考えた。
 どれぐらい登っていたのか、勾配が緩くなってきた。
 多分、もう、大丈夫だ。そして、なんとか見知った道を探そう。
 幸い、すぐにその場所は見つかった。この雰囲気、ここ、知っている。
 進んでいくと、小沢や、くぐり抜ける感じの藪。うん、こっちだ、間違いない。 
 記憶が正しければ、登山道の入り口はもう、近い。
 だが、油断は禁物……でした。
 すずめばちです。まさか藪の中で襲われるとは。
 さっきは道路だったから逃げることもできたけれど、走るに走れない。
 それでも必死に走り抜けた。ポケットからカメラが吹っ飛んだけど、そんなこと構っていられない。
 本当は、逃げちゃいけないらしいけど。難しいもんだ。
 難が去ったことを確認して、カメラを取りに戻る。
 おいおい、もう少しで沢の向こうに落ちてしまうようなところにあるじゃないか。
 きちんとポケットを閉じておかないとならんかったのだな。
 車の音が聞こえてきた。
 車道だ。入り口だ。
 これでやっと、昇仙峡に行ける。

 ということがありました。あれ、まだ昇仙峡に着いてないね?
 でもまた懲りずに登山道に入っちゃうんだな、このあと。

飛んでいる最中は写真が撮れませなんだ 
2009 / 08 / 30 ( Sun )  19:10
 先の週末はパラグライダーをやってきました!
 こっこれは……とんでもなく気持ちがいいぞ!
 怖いものかと思っていたものの、「落っこちる」という感覚が全くないからか、だいじょうぶ! だった。
 多分、高いところの怖さは、落っこちる感覚=無重力感を想像してしまうことなんだろうなあ。
 パラグライダーは、翼にぶらさがっているわけで、重力感(というのか?)を常に感じていられる。
 風の強さが刻々と変わるのを肌で感じられるのも、新鮮。なるほど、空の表情は、これほどにも千変万化なのですのう。
 今日はそんときの余った青春18きっぷでどこかへ出掛けようかと思っとりましたが、天候不順なので来週に延期……

 さて。
 また、漫画を書こうと思います。
 いや~、コミケの本を入稿してからは、恥ずかしいものを書いてしまった気がして、自分の絵を書くことも見ることもできないような状態が続いておりましたい。
 で、やっと気持ちが落ち着いて。
 何書こうかー、って、書き溜めたねたをひっくり返してみて。
 題「木は眠る。」
 おお、こんな話をいつか書いていたな。
 詰めが甘いから、相当直さんと、漫画にならんど。
 とと、おっ、これは小粒で使いやすそう。
 仮題「永遠の夜」以下↓

 気付けば、夜を逃げている、夜から逃げている。これは夢?
 暗くなってしまった、草むらの中。見えない「夜」から、がむしゃらに逃げている。

 「どうしたの?」
 「ひゃあっ!」
 木立ちに潜んでいたのに、背中から声を掛けられ仰天する。
 「……あなたは、夜じゃないの?」
 「昼でもないよ。どっちでもないに、決まってるじゃん。」
 「そうなの?」
 「じゃあ、君は?」
 「えっ? ……あ、ふふっ、確かにそうね。」
 呼び掛けてきたのは、小さな子。でも、人ではないのか。
 二人して、夜の中を、逃げるでなく駆け回る。さやけき月に時折り照らされながら。
 夜は永遠に続いていくのだろうか。月が昇って沈み、また、昇る。そんな日が今日まで、そしてまた、今日からも続いている。多分。
(終わり)

 こういう、絵本のようなお話が好きなんです。その、わけわからんところが。自分で言うな。
 ふむ。二ページぐらい……かも。取り掛かりやすそう。
 設定が何もないので、さっきの「木は眠る。」の人物を流用しよう! 安直ですな。
 でも、かれこれ十年近く前のデザインだからな、改めて書き直してみる。
 まず、逃げ回っている人のほう。
[かつて版]
かつて
[いま版]
いま
 ぶおっふ!! 全く違う人に見える……!
 いや、気にしてはいけない。絵柄は時とともに変わるものさっ
 因みに「くき」と言います。もう一つ因みにかつて版はセピア調にしました。うん、どうでもいい。

 もう一人の登場人物の方は、設定画が見つからなかったのでお話を元に書き起こす。
もう一人
 名は「しぐさ」。
 くきの同級生に「あゆみ」というのがおりまして、その一つ下の弟。
 くきは制服のままでもいいっかー、という感じですけど、人ではない何かになってもらうしぐさの方は、服装を考えないとなあ~、ってことでこんな格好で書いてます。なので、裸に深い意味はないですよ。。

あしたはコミケ 
2009 / 08 / 15 ( Sat )  17:19
か、紙やすり……!?
 ただ今、二冊目は自家製本中……あ、でもこの絵は一冊目の方で紛らわしいです独り言です。

 SPmasterは紙やすりなんぞ仕入れてくるし。因みに本とは関係ない道具だ。
 作業場はにわかに図画工作教室になっているぞぞ。
 ぬぐぐ、今回こそは身体の負担を軽減できたらと計画しておったのにっ
 せめて徹夜のような事態は避けたいですえ。
ようしっ
 ようしっ。


コミックマーケット76にサークル参加します。

8/16(日) 東地区"ム"ブロック-34a 七草粥

リトバス新刊 2冊。
「なんか違う気もするけど」 20ページ 恭こま?漫画 絵:がらへび
「Tales of LittBus -Romancing Fantasy Quest-」 24ページ RPGなリトバス?SS 文:SPmaster
そのほか既刊あります。

あ、一回しか再生されないぞ 
2009 / 08 / 10 ( Mon )  00:17
 コミケに向けての準備をしている……筈。
 なのに、がらへびは絵がスランプ状態ですわー
 SPmasterは創作進行中です~
 しっかし、ノートパソコンが不調だからと言って、デスクトップを持ち込んでくるとはっ
 ま、気合いは充分なようだ?

 息抜きというか、気を紛らわすために、アフターエフェクトをいじってみる。
七草粥
 (↑表示の更新をしないと、動かないかも……)
 買ったのにずっと触っていなかったという、なのに先日CS4にアップグレードまでしてしもーた。
 アニメーションを作るのは、とても楽しいようだ!
 ということに、気付かされた。
 左側の余白には、ロゴか何かが。納まる。筈。



 以下、コメント返信。

コミケまであとなんとか 
2009 / 07 / 28 ( Tue )  21:30
こちらもどきどきしてます
 恥ずかしい本を入稿し終えました!
 いつかの漫画用SSもあとがきにこっそり載せたから、恥ずかしさ倍増ですなっ
 入稿までの数時間は夢とうつつの境にいたような。はっと気付くと絵の無地の部分を眺めていたとか。別のファイルを開いてしまったのに気付かず、ある筈もないコマを血眼になって探したりとかー。
 それから「ながれやまうんてんめんきょせんたー」を変換したら「流れやマウンテン免許センター」になったりとかー、廊下に寝転がっていたら床ずれでお尻が痛くなったとか。あーもうどうでもいい。
 さー、今度はSPmasterとの本作りだーコミケまでは恥ずかしいことがてんこもりだ!


以下、拍手コメント返信。。
背景書くとき 
2009 / 07 / 20 ( Mon )  23:17
あしあと
 参考にしようと、猫の足跡を画像検索。
 なぜか「戦国TURB」が引っ掛かった。おお、Bio_100%のサイトだー。
 なにー!! いつの間に、ゲームBGMのmp3なんぞ置いてあるっ
 ろりろりろーりんぐなんて、たまりませんぜ。
 とりあえず、全部ダウンロード。。。いろいろあって一時間どころかそれ以上掛かる。
 ほああっ!! 漫画の原稿書く筈の時間がっっ足りなくなるぞっっ

時間が押し迫っている表紙です 
2009 / 07 / 19 ( Sun )  07:31
 塗り方を変えたりなんぞ工夫してみたら、却って時間が掛かったような。
 滅多に使わないグラデーションに手間取ったんだろう、きっと。
 浅ーい塗りです。
表紙
 レイヤーの重ね合わせ演算を初めて有効に使えた気がする。。

 それにしても、印刷するとどうにも黄緑掛かってしまう……
 印刷所の印刷機だと、そうはならないのだろうかー。分からんだー。
表紙書いてます 
2009 / 07 / 16 ( Thu )  15:57
 表紙用に原画を書いたとはいえ……
 あとでパソコンで修正できるからいいやーなんて考えだと、どうにも甘えが。

 色塗ろうとすれば主線が足らなかったり、紙面に納めようとすれば大きさがいまいちだったり。
 その修正や、やりくりに七転八倒。中途半端だったんだと痛感する次第。。

 原画の縁を目立たなくするよう、飾り縁を作りました。
 左側にちょろっと見えるのは、誰かさんの頭の一部分です。
隠しチョコ2
 縁の名前は「隠しチョコ2」。
 まあ、「1」があったんですな。
 始め、原画の縁を隠すのに、ただ塗り潰しの枠を置いておきました。そのとき前景色がたまたま茶色だったものだから、「隠しチョコ」というレイヤーに。
 それからしばらく経って、このUとSの字が重なったような図形が脳裏に浮かび、書き換えたと。だから「2」。
 UとSの土台になるふにょふにょは、適当に書いたら継ぎ目が目立ったので、そこにぜんまいの芽(というのか?)を。うむ、むやみに非対称になったぞ。それがまた味になるというもの……と思うことにしてしまおう。。

 中身の漫画でも、幾つか新しいスクリーントーンを作ったりしてます。こうやって、素材を少しずつ拡充していけると、それはまた嬉しい。
結局、表紙の模様は書き直したのかー 
2009 / 07 / 12 ( Sun )  21:30
 表紙の線画を作りました。
表紙線画
 恭介が悪者っぽく見えるけれども、気のせいです。

 表紙全体のデザインを考えてから作画したのは、初めてだ……
 既存の落書きなんぞを表紙にまつりあげたことしかなかったからのう。

 ペンで書いた表紙としても初めてだーな。
 んで、ペン入れならではの悪夢も。。
 あれ? こんな線あったかな、と思い全体を眺めたら、のたくった線がうにょにょ~っとあるではないかえー!!
 気付かぬうちにペンを這わせてしまっていたらしい。
 無意識のうちだったのか!? どう防いだらいいものやら。。
塗り潰しただけー 
2009 / 07 / 11 ( Sat )  07:06
 表紙の背景の模様っぽいやつです。
表紙……の背景らしいぞ
 この上に絵を載せます。……多分。
 この模様もきちんと塗り直したいです。……できれば。


 それから。
 今更ながら、気付いたー。
 漫画って、見開き毎に展開を区切っていくんだ!

 ネームを書き始めた時点では、各ページが右か左かどちらになるか、ぼんやりしておりましたい。
 見開きの真ん中辺りになる部分は見えにくくなるから、こま割りはどちらになってもいいようにそれなりに慮ってはおいて。
 で、いざペン入れしたりなんたり漫画の体裁にしてみると、どうにもしっくりこない。
 ここの部分は見開きで合わせてしまうと、お話の展開が丸見えだぞ……あれ?
 ……そういうことかー! 新しい場面がページをめくると現れるようにするのかー!

 今からどうしろっていうんじゃーい。
 タイトルページを差し挟んだりして無理矢理なんとかしてます。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

FC2カウンター

プロフィール

がらへび

Author:がらへび
描くのは好き、作曲も好き、お話も書きたい、いろいろ食指がのびてます。
創作サークルの七草粥で活動しています。

カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。