スポンサーサイト 
-- / -- / -- ( -- )  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お話「ジルタ」 第二話 
2008 / 08 / 07 ( Thu )  21:18
二、百万年の会話周りの景色


 私は、多分、ジルタ。
 ホリグラスと話して、最近知った。といっても、百万年の会話だけど。

 自分だけしかいなかったから、自分の名前なんて、考えたことがなかった。
 もちろん、意味も知らない。何語なのかも。

 あるとき列車が来た。
 それは、オブへ向かう、列車だった。
 それがきっかけ。
 「こちらへ。」
 オブの方から、聞こえた。
 私は列車を、オブへ向かうよう、やってみた。操作、した。

 少しずつ周りが分かってきた。
 オブがいて、ビフィ、セカキ、エー、ネガンソマ、リタルーピア、シャズ。そして、一番仲良しの、ホリグラス。
 ホリグラスが教えてくれたもの、それが私の名前。

次へ  始めから



この記事へのコメント

URL:
コメント:
暗号:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
この記事へのトラックバック

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

プロフィール

がらへび

Author:がらへび
描くのは好き、作曲も好き、お話も書きたい、いろいろ食指がのびてます。
創作サークルの七草粥で活動しています。

カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。