スポンサーサイト 
-- / -- / -- ( -- )  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一人旅のことでも書き綴る。第五回。 
2008 / 02 / 03 ( Sun )  11:59
 長者町のお昼を食べ、とりあえず次の電車の一時間待ち。
 この時間を使って、歩けるところまで歩こうと決めた。
 ついでに、バス停で発着時刻を確認しておこう。使えるかもしれないから・・・ぐは。
 三、四時間に一本だ。がつーん、残念、次の電車までに乗れるバスはないようだ。まあ、路線も分からないから、もともと無理だったかな?
 行くあては、海の方。地図で見る限りは、海はそんなに遠くない。
 歩いて行ける距離だ。行き際にも何か体験(?)できるだろうし。
 旅としてはいいんでないかの。
 ぽくぽくと歩く。
 そうしているうちに、足がむずがゆくなってくる。汗で。
 しまった、寒いだろうとももひきをはいてきたのが裏目に。
 確かに、じっとしていれば震えてきそうな気温。でも、ちょいと体を動かせばそれほどでもない。
 困ったものだ、汗をかかないようにゆっくり進むと、海に辿り着けずに引き返すことになるかも。やきもき。
 地図を頼りに、田んぼの中を行く。
 今となっては海に行くのが目的のようなものだから、最短距離を通ろう。その結果がこの田んぼ。
 犬との散歩や、ジョギングしている人などを見掛ける。
 あー暑い。途中から、上着の襟を開けてしまう。本当はももひきをどうにかしたいのだがどうにもならない。かゆいところに手が届かないっ、という感覚だ。
田んぼ

 ・・・駅到着。結局、海を拝むことはできんかっただ。
 駄目っす、ももひきの蒸れが我慢ならんで、歩を緩めるほかなかったんです。
 冬の日差しでも、風がなければここまで暖かくなってしまう。
 気温や天気を調べた上で、どれだけ歩くか見当を付けておかないと、大変なことになるんだと勉強しました。
 ももひきは今、鞄の中に。駅前のお手洗いで頑張って脱ぎました。すっきり。
 あー怖かった、ぼっとんに落ちそうになりながらの苦闘。あほあほさんです。
 それにしても、長者町では合わせて二時間ぐらいは歩いていたわけだ。
 足腰がくたびれているのは頷ける。まぶたも重くなってきた、しばらくはお休み、かな。
 そうだ、今度こそ、海を見よう。もちろん山もだ。
 もうすぐおやつの時間だけど、まだ外房。
 うむ? 何かがおかしい。外房も内房も同じぐらいの距離だと思う、この時間で内房に辿り着いていないというのは危険なのでは・・。
  時間を計算してみる。真夜中に帰り着くというのは避けたいから、乗車時間を除くと二時間程度のゆとりしかないぞ?
 夜ご飯もあるんだし、これは困ったことだ。日も短いから、もうそろそろ降りないと、それこそ闇の中になってしまう。
 おちおち寝ていられないじゃん。
長者町駅前のお手洗い

 勝浦まで来て、やっと海と山。
 ということは、ここら辺りがお昼になるぐらいに来ないと、明るいうちの風景を楽しめないではないかえ。
 もう日が傾きつつあるぞい。夕方、という時間帯になっちまいましたい。
 焦りながら地図を繰る。
 海岸線沿いに走る鉄路は、東を向いたり南を向いたり。街も同じく。
 せめて暮れ際のお日様が見えるところで降りたい。
 そうこうするうちに安房鴨川。内房線への乗り換えだ。
 早く降りる駅を。
 日暮れもあるけれども、大きな理由がもう一つ。
 お昼を食べ過ぎたようです、お手洗いが呼んでいる。外食だと量が調整しづらいので、多くなりがちなのですよ。
 日の向きに一喜一憂しつつ、幾つか駅を過ぎてゆく。
 おなかも一段落した頃、きれいな景色に出会う。
 江見駅、下車。
江見駅ホーム

この記事へのコメント

URL:
コメント:
暗号:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
この記事へのトラックバック

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

FC2カウンター

プロフィール

がらへび

Author:がらへび
描くのは好き、作曲も好き、お話も書きたい、いろいろ食指がのびてます。
創作サークルの七草粥で活動しています。

カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。