スポンサーサイト 
-- / -- / -- ( -- )  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本当はお絵かき再発見の旅 その一 
2009 / 02 / 19 ( Thu )  00:51
 先週のスキー旅のことを。
 実は、スキーそのものよりも、辿り着くまでの路程の方が一大ドラマだったのだ……!
 ということで、あらすじ程度にしたためてみようと思いやす。

 友人四人で行くことになってました。東武線をゆるゆる乗り続けて、会津高原へ達する。
 あにちが計画から手配まであらかたしてくれて、ほかの三人はのうのうと過ごせばよかった筈だった。。。筈だった……

 出発当日の朝というか昼。
 もふもふと過ごす布団の中、さすがにそろそろ起きなきゃならんか、なんて思っていると、あにちからの電話が鳴りだす。
 「うさぴょん(仮称)が間に合いそうにないから、スキー場までの連絡バスの時刻を調べて伝えてあげて。」
 そうですか、遅刻ですか。分かりました、調べましょう。因みにあにちだけは夜行便で前日発。既にゲレンデ上におり、細かく調べる手段がないのだ。
 仕方ないのでやっと起き出す。のーぱそを起動して調べ始める。ふむ、この辺のに乗れるかな?うさぴょん氏(仮称)に電話。
 「今起きたよー。」「ははっ、俺もついさっきだ。」
 わー挨拶からして駄目駄目な二人だー。あにちの計画ではどちらも六時頃に出立して、お昼過ぎには雪の妖精となり雪原で散っていることになっとるんですけど……。ただいま十時過ぎ。あとで判明することだが、もう一人も遅れて、結局あにち以外誰一人予定通りに動けていなかったという……まあ、なんていうか、その、なんだ。

 (仮称)うさぴょん二丁目建築計画は、その後、バスの時間にうまく合わせられず、タクシー五千円程度を以って現地入りした。ビバ、諭吉半分……

 さて。このわしもまた、同計画に乗らざるを得ないところまで追い詰められていた。予定から遅れること八時間、二時過ぎにやっとこさ電車に乗り込む。乗り換え案内によると七時に目的地駅着、そこからタクシーかいな。
 だが、長旅は不測がつきもの。
 乗車は残り一時間かという頃、不穏なアナウンスが。
 「信号機事故で、この電車は新藤原どまりとなります。」
 なんとまあ。で、今、どこなの?……って、次の駅で終点だとぁ!
 やむなく降ろされるが、もう心は悟りを開きつつあった。ここで宿を借りて一晩過ごそう……
 だって、まだ一時間は先ですよ?それにそこから五千円、ですよ?いつ着くかも分からない、幾ら掛かるかも分からない、それならあした、ここから出直したっていいじゃないか。幸い、温泉街だ、傷心の旅人を癒してくれる寛容さはある筈。満員ですなんて断らないですよね……ですよね?不安たっぷりでんがな!

 紙面が尽きたので、続きは次に。紙面て、なんだ。
 つーか、コミケのサークルカット書かないの? 大丈夫かね。
 まあ、多少その辺りも込みの話なのだー。だから「お絵かき再発見」という題名。
 隠されてすらいない伏線ですねー。それって伏線て言わない気がするけども、ほっとく。

この記事へのコメント

URL:
コメント:
暗号:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
この記事へのトラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

プロフィール

がらへび

Author:がらへび
描くのは好き、作曲も好き、お話も書きたい、いろいろ食指がのびてます。
創作サークルの七草粥で活動しています。

カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。