スポンサーサイト 
-- / -- / -- ( -- )  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
模写を利用して落書き 
2007 / 11 / 29 ( Thu )  00:49
 いつものように、お絵かきは悩みながら(?)書いてるもんだ。

[いつものパターン]
まずは題材を決めよう(例:案がないので、とりあえず、へーふんを)

どんな雰囲気のを書こうか(例:胸像ばかり書いてるから、そうでないものを)

構図はどうしようか(例:平面ぽいのが多いから、多少は立体を意識できる座り姿勢を)

書くべー(例:こんな感じか? あれ? 大きさが変だ、あー、書き直しの線で汚れてきた・・)



 どれが主線だろう・・これかな・・?? 書いた本人でも分からんぞ。
 かといって、不用意に消すと、大事な線までなくなってしまいかねない。
 むむむ~、線が多過ぎて、頭の中で思い描いていた線がぼんやりしてきた~

 線を探すのに疲れて、気力が途切れてしまう。ぱた。


 という感じで続かない。

 これでは、いかーん!!
 と。そして、思い付いた。

 そういや、模写はそこそこに何とかなる。
 ならば。

 まずは、落書きをとにかく書いて、大体の形をできる範囲で仕上げる。
 これが一枚目。落書き原案。

 次に、改めて模写すれば、いいんじゃないか?
 それが二枚目。落書き本稿。
 よし、やってみよう。

 がりがり。消し消し。がりがり。
へーふん原画作案
 できた。ま、確かにここから主線を消しゴムであぶりだすのは至難の業だな。

 では、二枚目の紙を取り出して、一枚目を模写するだ。
 さっさっ。おお、そもそも線を思い描かなくていいから、楽ではないかえ。
 かりかりかりかり。
へーふん原画線画ラフ
 ・・・なんとんなく、できた感じがする。

 うむ、すっきりしている。
 これはいい方法かもしれない。
 違う人物に見える気がするのは、もちろん気のせいだ。
 模写の腕も上げなければならんとゆーことですな。
この記事へのコメント

URL:
コメント:
暗号:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
この記事へのトラックバック

うれし騒がし 5555ヒット
2007 / 12 / 09 ( Sun )  00:11
ありがとーです。 たまたま聴いた音楽から連想して鍵盤でやろうとしつつも迷走した結果、記念絵を描く、と。 でも一年以上ろくに絵をやっとらんで、ちーともできん。 そこで、...
サークル七草粥総合ブログ
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

プロフィール

がらへび

Author:がらへび
描くのは好き、作曲も好き、お話も書きたい、いろいろ食指がのびてます。
創作サークルの七草粥で活動しています。

カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。