スポンサーサイト 
-- / -- / -- ( -- )  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
早く寝てみる。 
2008 / 11 / 27 ( Thu )  22:01
 実験結果。
 睡眠時間が、プラス二時間。

 そうなるんだ、と納得。いや、寝過ぎですから。
 つまり、寝不足で朝が遅くなっていたわけではなくて、いつもの時刻までは目覚めない、と。
 且つ、目覚めたあとの惰眠時間も変わらなかった。
 従って、いつもの睡眠時間 + 早く寝た分の一時間 + 朝の惰眠一時間 となったわけだ。
 おまけの検証と実験もしてみました。
 寒いから、眠い。これは本当か。
 結論としては、そのようだ、というところ。
 「朝の空気は冷たくなっているから、布団から出たくないーーなに怠けたことを言っているのですか理論」も正しいようです。
 寒いと眠くなる、これは大学受験のときを思い出しますー。
 実家にはエアコンの類はなく、また私の部屋には暖房器具は一切ありませんでした。
 (実際には、意地張って使わなかった、が正解ですげ。実家にストーブはありました)
 寒いから着込むわけです、それこそだるまになるほどに。
 でも、手や顔はむき出しなわけで、冷たい寒い、ううーっと背中を丸めてついつい目まできつくつぶってしまう。
 すると、勉強をしていたはずなのに、いつからかその体勢でいることそのものが目的になって、頭の中も塗り潰される。
 はっ、と気付けば、数十分経っていたり。要は寒くて寝てしまっていた、と。冬眠みたいなもの?
 それから、布団から出たくない理論。
 これはまあ、そのまんまですか。外の寒さに比べたら、布団の中はなんと居心地のいいこと。
 おまけ実験は、布団の中に体を丸ごと入れる、っつーもんです。
 うむ、確かに眠くはならない。顔が寒くないから。
 でも、出られない。出たくない、出る気にならない。

 結局、遅刻ぎりぎりまで粘ることになってしまうので、目覚まし鳴ったらすぐに布団から飛び出るしかないんだなあ。
 一時間やそこらで、出るに適う気温になるなんてありえないわけで。

スポンサーサイト
あかぎれしないように 
2008 / 11 / 26 ( Wed )  22:32
 肉筆の方がまだ、慣れている気がする……。
小毬
 この前の四こま用は、イラレだけで書いてみたわけだけれども、ペンが滑ったりしてうまくいきませぬ(言い訳ですな)。

 最近、どうにも眠くて朝は惰眠をそれこそ一時間近くむさぼっている感じ。
 いつぞやのサークル集まりで、明け方まで話し合ったりしていたのが尾を引いているのかも。。
 と思い、たっぷり昼間まで寝てみたのが三日前。……もちろん、今日は眠いままです。
 冬が近付いて急に寒くなってきたから、冬眠ちっくになっているのかのー。
 ご飯が足りないせい? 一食一食が少なめですけ、寒さに体温を維持できなくなっとるとか。いやまさか。

 今日は試しに惰眠の逆を試みてみます。 → 一時間早く寝てみる。
サークルでの一こま 
2008 / 11 / 25 ( Tue )  22:58
 四こま。
 普通の漫画のように、四こまが幾つも続くなかでお話も流れていく、その形式について話し合っていたとき。
 そういう四こまは、漢詩みたいなもんだよね、と言うと、きょとんとされた。
 ほら、あの、律詩とか、偶数句末で韻を踏むじゃん、って、あれ?
 ……なんだって? なぬ! 漢詩を知らんと!
 二人に聞いて、二人とも知らないとのことだから、むしろわしが珍しいのかもしれない。
 中学か高校だった気がする。国語の先生の好みで、たまたま教えられていたのかなあ。
 四こまは、四こま目で落ちるでしょ? だから、長編の四こま(変な表現だ)の落ちは、漢詩の韻みたいだね~っていう意味のつもりだったのだが……。
 例えがなくなってしまって、全く困ってしまいましたい。


 鍵盤と音源。
 あにちに貸して数日、いつもそこにおわしました鍵盤がいなくなり、部屋にがらんとしたところがあります。
 うーむ、落ち着かない。鍵盤がないということも然り、そして、作曲環境がないということもまた。
 いつ作曲する気になるか分からんというのに、とても気が気でない。一年も作曲していない奴が考えるようなことではない気もするが、そこは放っておく。
 「長く作曲していなかったから、貸してもいいで。あげてもいいかも。」なんて言った気もする。
 む、む。これは、危険な状態なのではっっ。
 で、結局、新しいものを探してしまうのでした。
 鍵盤は……あのでっかいやつだと弾くのは楽しくとも(ろくに弾けないですがね)、パソコンと同時に使うのが不便だったなあ。作曲用ということで、この際、小さいのでもいいかー。3オクターブ分ぐらいならいいかな?
 音源は……なんとまあ、今はGS音源って殆どないのねー。GM2ができたから? よく分かりません。
 ずっとGS系で作ってきたから、その後継の中から探そうと思っとったに。
 GSのローランドは、高級そうなシンセばっかりだ……。
 でも、音の加工は特にしないので、シンセにあるような立派な機能は使わないしなあ。
 XGのヤマハはどうだろう? 調べてみる。
 おお、シンセっぽくない手ごろなのがあるじゃん。
 XG音源にはGSの互換モードもあるしな……。よし。

 といいつつ、まだ買っていません。
 どうせGS程度しか使わないのなら、そこら辺のGS音源付き鍵盤でもいいんじゃないかとか。
 過去の資産に、SC-88なんかのもあるから、中古のSCなんちゃらを買った方がいいのかもと悩んだりしているわけです。
 ソフトウエア音源のVSC-88がVistaで動けば、こんなに悩まず済むのに。ぐむー。
天然って褒め言葉なんすかね 
2008 / 11 / 24 ( Mon )  02:12
 サークルのブログで四こまを……。
 とかいうねたが登場。
 はいこれ、ストーリーね。
 キャラ設定はこれ。
 じゃ、絵を書いて。

 ……え、わしっすか!
 絵を書くの。

 そんなのりで決まりました。結構、脚色と曲解が織り交ぜられての追想ですが。
 もう、最近、お絵かき担当ですね、わし。
 ヒナミザワッシャーのときは、「俺、音楽で生きる!」と、内心思ってた輩ですぜ?
 その頃は諦めていたからのー、絵を。

 で。設定に因み、書いてみる。
 登場人物、兄2。読みは「あにに」。通称だけれども、本名というか、呼び名に固まりそうだな、これ。
あにに
 すみません、首だけになってしまいました。
 あとで首下も書いたのに。かわいそうなことに締め切りに間に合いませんでした(なにが)。
 もやしっ子っぽいのに、筋力有り余るというハイセンスなお兄ちゃんです。(Yの設定よりいい加減に抜粋)

 その妹。まほちゃん。
まほちゃん
 六歳児だそうです。これでも。
 そんなちっこい人物をいままでろくに書いたことがなかったもので、四苦八苦。
 書いた当初は「六」の字だけが一人歩きして、六頭身でした。
 びこたやミスターに、あれやこれや指摘を受けつつ、頭身の縮小に努めること数時間。
 なんとかそれっぽく多少はそこはかとなくそれなりに見えてきたような気がしなくもなくないです?
 大人な雰囲気を持ちつつという設定(勝手にそう解釈)に終始惑わされておりましたい。

 もう一人、重要なキャラが。しかし、こちらはいまだ手を付けておりませぬ。
 書くためのイラレ雛形は用意しましたがの。中はからっぽです。
 「こじろう」という零歳児。今回の要求はいずれもレベルが高いぜっ。
 わしが今までに書いたことのない年齢層ばかりだ。

 いやーリハビリ兼ねたキャラデザかー。ハードル高いねぇ。
 第一、もうちっと、びしっ、ずばっ、とした線を書いてみたいもんです。
 リトバスの絵も並行して書いていきますえ。せっかく書けるようになってきたんですもん。


 拍手ありがとうございます!
 でも、使い方がいまいち分かっていないです、この機能。
 拍手のコメント対するに返信入力。これは、どこに行くのだろう? 疑問であります。

題名入れ忘れてた 
2008 / 11 / 20 ( Thu )  23:31
 まだ木曜日なのね……。
 てっきりあしたはお休みの日だと思ってしまうところでした。
 いやいや、そんなことはない。
 既にそう思ったところだったからだ。ぐすん。

 しばらく作曲できませんで。
 あにちに鍵盤を貸してしまったからです。
 ピアノを習い始めたので練習するのだとか。
 まあ、どうせ、まともな作曲は長いことやってないよーな。
 記録をさかのぼってみる。んん?
 一年ぐらいやってないんじゃないかー!?
 さすがに忘れるでしょ、一年振りって。
 振り出しに戻るぐらいのことをしている気になってきたぞ。

 ま、ともかく。
 今は絵を書こう。
 サークルの企画がエンストしながらも進み出したからね。
 細かいところは突っ込まないことだ、大丈夫。
 車はエンストしても進めることを、かつて証明しましたから。
 後ろの大型トラックにどやされながら惰性走行していたときは、さすがに冷や汗ものでしたがの。
 ……高速道路の上り坂にて。
 またも脱線気味なので、強引に。絵を載せます。
当社比、何倍だろう?
 企画の絵ではないですよ? あれはオリジナルになりますからねー。
 ここ一年はリトバスに専念していたものだから、どうにもリハビリが必要なようです。
 それ以前に、最近、絵を書いてましたっけ? ごほんごほん。
 根本的なリハビリというか、根性の叩き直しが求められます。えー。

ばたばたと 
2008 / 11 / 11 ( Tue )  23:17
 サークルでは、オリジナル企画が始動しましたよー。
 テーマを決めるだけでも、七転八倒、紛糾しとりますがのー。

 急に寒くなったせいで、風邪気味です・・。
 オリジナル企画の相談で、スカイプを未明までやっとるから、なおのこと。



落書きしないと 
2008 / 11 / 05 ( Wed )  23:21
 なんだか、とっても面白そうなものがあったので、入ってみました。

 絵鬱同盟

 待て。
 面白いってなんだ!?
 ま、でもほんと最近、思うように書けてないからねー、困ったもんです=3

 いや、そんなことない。
 ずっと前からろくに書けてませんぜ。
 そりゃ、もっと困ったもんだ。

 とりあえず、最近の絵(の一例)を載せてみる。。。
びっくり?
 (の一例)なのは、書くたびに絵柄が変わるから。
 絵柄模索中が延々と続いてます。
 終わるのだろーか。おわらんおわらん


以下、コメント返信。
当てもなくぶらつくのは楽しいですな。 
2008 / 11 / 02 ( Sun )  21:37
 今日は、秋葉原に出掛けてきました。
 いつも誰かに誘われて行くところだったので、一人で行くのは初めてです。
 即売会にお邪魔するのと、ジーズマガジンを買うぐらいしか目的はなく、ふらっとぶらっと。

 電車の中では「ダルフールの通訳」を読んでいました。新聞で見掛けた本。
 ところ構わず、息を飲んだり鳥肌立てたりしているので、怪しい人に見えたかもしれませぬ。
 さて。
 即売会で顔見知りのサークルさんに挨拶したあと、街をぶらぶらしていたら天広直人の原画展が開かれていることを発見。
 場所を探し出して、寄ってみることに。
 実は原画展というものを初めて見ましたー。
 存在を知ってはいても、行ったことがなかった。
 映画に行ったりスポーツ観戦したりライブ行ったりっていうのも、ろくにやったことないもんで。
 外で何かを鑑賞する習慣がないんです。そもそも根っからの出不精ですわ。
 展示場は絵が掲げてあって、値札も。ここは画廊なんだなあとしみじみ。
 ただ、天広直人の絵は好きなんですけれど、とても手が出せるような額ではなかった・・うん十万円・・

 それから道行く人をぼーっと道端で眺めたりしたあと(三十分ぐらい? 何してんだか)、本屋さんでCG塗り方講座の本をちょろっと立ち読みして帰りました。
 うむ、家でだらだら過ごすより、よっぽど有意義だったかも?



 冬コミは落選してしまったので、新しい企画が発動したようです。
 次回の参加即売会予定は、二月のサンシャインクリエイション。ジャンルはオリジナル。
 久し振りのジャンル、どきどきです。

仕方ないけど、抽選漏れがっくり 
2008 / 11 / 01 ( Sat )  21:08
 むむむ・・・、コミケは落ちてしまいました。。。
 次の即売会まで空いてしまう、困った。
 とりあえず、来年の夏コミ申し込みの準備でも始めるかー(早過ぎだ)。

 スカイプ、便利ですねー面白いですねー。
 全く関係ない話ですけれども。

カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FC2カウンター

プロフィール

がらへび

Author:がらへび
描くのは好き、作曲も好き、お話も書きたい、いろいろ食指がのびてます。
創作サークルの七草粥で活動しています。

カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。