スポンサーサイト 
-- / -- / -- ( -- )  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうすぐ、カウンターが2000っぽい 
2008 / 08 / 21 ( Thu )  23:44
 そういう頃なのですね・・・
 皆さん、足? 目? 手? を運んで頂いてありがとうございます。。
 来て頂けるということ、知ってもらえることは嬉しいものです。

 もし、2000を見かけた方がいらっしゃったら、教えて欲しいです。
 何かあるかもするかも・・・

 まあ、検索のロボットなんぞもカウンターを回しているようですで、2000前後ならばどなたでも。
 そういや、サークルのブログの方も、そろそろゾロ目(7777)になりそうな気配がぞわぞわ。
 あ、サークルブログで、サンシャインクリエイション41参加のお知らせをまだ出してないなー。
 あ、このブログのバナー、まだだー。
 いろいろ足りないものがあるなー。
 機会を通して、少しずつでも埋めていければと。
スポンサーサイト
即席サークルカット 
2008 / 08 / 21 ( Thu )  19:40
サークルカット案?
 冬コミ申し込みましたーい。
 うーん、こんなんでいいんだろうか・・・!
 塗り留まっている下塗りの絵を、グレースケールにしただけだったりする。
 安い! 安過ぎる!
 しかしですな、夏コミで申し込み書を用意すると、一週間も猶予がないじゃんっ。
 せめて次の土日ぐらいまで申し込みを受け付けているようなら、もう少し気分が楽なんですがの・・・。
 それでも多分、サークルカットのできは変わらない気もしますが・・どうしようもない奴め。

 先日の、コミケでのことでも。
 えーと、「ミスター」なる方と一緒に始発乗り込みで行ってきましたよー。
 私のところで、前の晩から泊まり込み。寝話に、なぜか「地球外生命の探索と交信」について語り合っていたような気が。
 会場にはかつてない早さで到着・・・なのだが、列待機中にご飯を食べたあと、トイレへ並んだのは失敗。
 人がわんさか、一時間近く潰してしまいましたわさ。
 駅なんぞで済ませとくか、会場入ってからとかすべきだったかもー。
 せっかく、画板を持ってきたのに、絵を書くねたを浮かべる時間が吹っ飛んでしまっただ。
 さて、トイレから戻ると、人物が増えています。「Y」氏です。ミスターのお知り合い。
 わー、サークル外の人と参加するのは初めてだというに、更にお仲間さんまで。
 開場までY氏の文章作品読んだり。
 わしも何か作品を持っていけばよかったなーとも。絵を書けばいいのに、久し振り過ぎて手が震えてしまった・・。またも、どうしようもない奴め。
 おしゃべりに気をとられて、開場の拍手に乗り遅れたのがちと悲しい。あの瞬間が一番好きだというに。
 しかし。
 そのあとのミスターの暴走に付いていくのが楽しかったーよ。
 隙間すり抜け目的地まで一筆書き? という感じ。
 わしゃ足手まといにならないように追いかけるだけだけれど、これは爽快ですな。ミスター、輝いています!
 先回りして列の状況を連絡したりといったスパイ活動(?)も面白かったのー。
 お昼近く。ご飯を食べてから、応援しているサークルさんところに挨拶へ。
 気持ちが高ぶって(変な人だ)、無駄にしゃべってしまいました・・。でもこういうのが好きです、覚えてていただけたのも嬉しい限り。
 会場隅で寝ていたY氏(前日は文章書きに精進していたんですよ、お疲れさんだー。)に再合流してから、その場をあとにしました。
 それから。
 秘密の打ち合わせを。
 そのおかげで、次の作品にねたが生まれそうです。
 サンシャインクリエイション41まで忙しく・・なれたらいいなあ。もちろん、創作で。

背景っぽくない背景 
2008 / 08 / 15 ( Fri )  19:20
 ピクシブの方には既にのっけてあったりする。
何をしよう
 なんだーか、絵の大きさがちぐはぐだなー。
 実は、原画(落書きなのに原画も何もあるんか?)では、理樹ではなくて恭介だったのです。
 書いているうちに理樹に似てきてしまって、そのまま摩り替わってしまった、らしい。

 「屋上へ、行こうー。」
 「何をしよう?」
 「うーん、・・お昼寝? それとも、ひなたぼっこ?」
 「どっちも同じじゃないか・・。」



 さて。近況でも。

 夏のコミケさんが、今週末にあります。
 今回はですね、ひさのびさびさに、始発で行ってきまっす。
 発端は、お知り合いになれた方からのお誘い・・らしい。
 それが始発乗り合わせになり、ついには泊まり込み乗り込みに!
 うおお・・気合入り過ぎだっっっ!!
 前回はだらりんこ、十時頃に着いた覚えが。隔世の感があるなあ?

 まるでサークル草創期の即売会前日泊まり込み制作あ~んど製本のようなノリだ。
 ああ思い出したよ、明け方には近所のコンビニ巡ってコピー機荒らしをしていたことを。
 コピー本で両面印刷は無理だと思わされたもんでしたー。さすがに今は解決法がありますんがの。

 ただ。
 参加するとはいっても、並んででも欲しいものがあるんどあー、とかいうわけではなかったりする。
 即売会というものに参加する理由。
 あの熱気が、雰囲気が、好きなんでそ。
 拍手で始まるときなんぞ、鳥肌立つぜぇ!!
 皆なで作っている、盛り上げている。
 うーん、素晴らしいだ。

 
お話「ジルタ」 第三話 
2008 / 08 / 11 ( Mon )  21:34
三、倦怠感うんこうひょう


 私は、多分、ジルタ。
 最近は、エーからシャズへ行く列車ばかりになった。
 といっても、それが多いのか少ないのか、ほかが増えたのか減ったのか、さっぱり分からない。
 だって、ほかを知らないから。
 時間って、何?
 これぐらいで一年、そういうふうに私が決めてみただけ。

 あーあ、ホリグラス、最近どう、と聞いてみる。

次へ  始めから

落書きの塗り 
2008 / 08 / 10 ( Sun )  22:43
 イラレ塗りは挫折中です?
 図形を意識しながら書くというのに慣れんというのもありますが、メモリ不足というのもまた・・。
 どうやら不透明マスク周りで不具合がある模様。不透明マスクの形状を修正するたびに、大きいときは100MB単位でメモリリークが進行中。
 不透明マスクのレイヤーに複数のオブジェクトがあると発生するみたい・・・。原因究明中ですたい。

 ところ変わり、落書き塗り。
 今までと多少、塗り方を変えてみました。
塗り途中
 右の理樹君はこれから塗る予定?
 地の色が濃くても、髪の毛なんぞの払いがまともに見えるように。。。なった筈。
 地が白とか薄い色だったから、意識したことなかったーよ。

お話「ジルタ」 第二話 
2008 / 08 / 07 ( Thu )  21:18
二、百万年の会話周りの景色


 私は、多分、ジルタ。
 ホリグラスと話して、最近知った。といっても、百万年の会話だけど。

 自分だけしかいなかったから、自分の名前なんて、考えたことがなかった。
 もちろん、意味も知らない。何語なのかも。

 あるとき列車が来た。
 それは、オブへ向かう、列車だった。
 それがきっかけ。
 「こちらへ。」
 オブの方から、聞こえた。
 私は列車を、オブへ向かうよう、やってみた。操作、した。

 少しずつ周りが分かってきた。
 オブがいて、ビフィ、セカキ、エー、ネガンソマ、リタルーピア、シャズ。そして、一番仲良しの、ホリグラス。
 ホリグラスが教えてくれたもの、それが私の名前。

次へ  始めから



当選通知 
2008 / 08 / 04 ( Mon )  23:02
 サンシャインクリエイション41に当選してしまいましたっ!
 ・・・喜ぶべきとこなんでしょうけれど、いかんせん、ねたがなーだ。
 ふぅ、この前のリトルバスターズFestival以後、すっかり気が抜けてしまいましたや。

 だがだがですよ。
 きのう。
 久し振りにお話を書く気になったので、ちらほらと綴ってみました。
 とっても短編でっすが、ちょいちょこ載せてきます。

 こちら。

お話「ジルタ」 第一話 
2008 / 08 / 04 ( Mon )  23:01
前書き
 線路のポイントに、意識があったら、どんな感じだろう。
 そんな空想から。

 舞台は、大平原の真ん中に、ぽつんとある交差点みたいなもの。
 そういうのが、真っ暗な夜空のかなたに、やっぱり、ぽつんとある。



一、時空の分岐点時空の分岐点

 私は多分、ジルタ。
 私から、周囲へ線路が延びている。
 そう、これは、いつか見た記憶の中の、線路。それに似ている。
 そこに、線路のような軌道が見えるわけではないけれど、いつも決まった方向から、決まったところから、列車が来るから。
 私は操作する。
 ビフィから来た列車を、ネガンソマへ。
 リタルーピアから来た列車を、セカキへ。・・いまだに分からない、セナキ、なのか、セカキ、なのか。
 私は時空の分岐点。

次へ

橋登り 
2008 / 08 / 02 ( Sat )  23:12
 明石へ行ってきました、夏の旅。
 両親との家族旅行ですよん。

 事の起こりは、母いわく「本四橋に登りたいー!」ということから。
 五月頃から、だらんちょだらんちょと旅の計画を始めたわけですが、先の要望から当初はとっても橋っぽい、橋々したもんでした。
 まず、
 一日目、チャリで対岸まで橋渡り
 二日目、橋登りツアー
 などなどといった形で提案したら、「橋ばっかり!」という叱責を。
 その後、七転八倒じゃなかった二転三転して明石を中心としたこぢんまり旅に落ち着きました。

 でも、予定通りなんて全く以ってないようなもの。
 初日から合間時間で姫路城まで出掛けてしまったり。
 写真を整理すると分かるねぇ、謎なものがごろごろ、だったり。
 (好き嫌いもあると思いますので、リンクだけにしておきます。。)

 くまぜみさん。
 私も喉が渇きました。
 謎。

 一体、何を見に行ってきたんでしょうね・・。
 昆虫見学ツアー?

 いえ。
 違います。
 やはり、橋登り、「明石海峡大橋ブリッジワールド」のツアーが主役ですで。
 主塔(下写真、突っ立っている部分)のてっぺんに行けまっす。
明石海峡大橋
 こんな感じ。
きゃー
 きゃー。
 海上300m。
 ・・・とゆーか、橋が鉄、足の下ももちろん鉄、そして屋根もない主塔の屋上(?)。んでもって、夏のお日様がさんさん。
 目玉焼きになれます。でも、そんな苦しさ(それほどでもないかー)を差し引いても余りある驚き。
 きゃー。
 それから、結構歩きまふ。橋のふもとから主塔までは、徒歩のみが頼りですて。
 きゃー?
カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

FC2カウンター

プロフィール

がらへび

Author:がらへび
描くのは好き、作曲も好き、お話も書きたい、いろいろ食指がのびてます。
創作サークルの七草粥で活動しています。

カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。