スポンサーサイト 
-- / -- / -- ( -- )  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
模写を利用して落書き 
2007 / 11 / 29 ( Thu )  00:49
 いつものように、お絵かきは悩みながら(?)書いてるもんだ。

[いつものパターン]
まずは題材を決めよう(例:案がないので、とりあえず、へーふんを)

どんな雰囲気のを書こうか(例:胸像ばかり書いてるから、そうでないものを)

構図はどうしようか(例:平面ぽいのが多いから、多少は立体を意識できる座り姿勢を)

書くべー(例:こんな感じか? あれ? 大きさが変だ、あー、書き直しの線で汚れてきた・・)



 どれが主線だろう・・これかな・・?? 書いた本人でも分からんぞ。
 かといって、不用意に消すと、大事な線までなくなってしまいかねない。
 むむむ~、線が多過ぎて、頭の中で思い描いていた線がぼんやりしてきた~

 線を探すのに疲れて、気力が途切れてしまう。ぱた。


 という感じで続かない。

 これでは、いかーん!!
 と。そして、思い付いた。

 そういや、模写はそこそこに何とかなる。
 ならば。

 まずは、落書きをとにかく書いて、大体の形をできる範囲で仕上げる。
 これが一枚目。落書き原案。

 次に、改めて模写すれば、いいんじゃないか?
 それが二枚目。落書き本稿。
 よし、やってみよう。

 がりがり。消し消し。がりがり。
へーふん原画作案
 できた。ま、確かにここから主線を消しゴムであぶりだすのは至難の業だな。

 では、二枚目の紙を取り出して、一枚目を模写するだ。
 さっさっ。おお、そもそも線を思い描かなくていいから、楽ではないかえ。
 かりかりかりかり。
へーふん原画線画ラフ
 ・・・なんとんなく、できた感じがする。

 うむ、すっきりしている。
 これはいい方法かもしれない。
 違う人物に見える気がするのは、もちろん気のせいだ。
 模写の腕も上げなければならんとゆーことですな。
スポンサーサイト
落書き 
2007 / 11 / 25 ( Sun )  16:01
超加工鈴
 ふう。なんだかんだで、取り込んだあとに、こっそり超加工。
 まだまだ変なところ多いけど。

 まあ、つまりは、デッサンが狂っているということですな!
 地道にデッサンを勉強せにゃの~。
ぱしこんのお掃除 
2007 / 11 / 24 ( Sat )  17:04
 やっとこさ、古いぱしこんのお掃除が完了。

 フロッピーディスクから起動して、適当にデータを消してから、上書きプログラムをかけて、FDISK。
 と、思っていたんだけど。

 まさか、XPの起動ディスクからハードディスクが認識できないとはっ。
 仕方ない。
 Windows上からできる限りデータを消して、その上で上書きするかー。

 既にネットから隔離されているし、このぱしこんの中で上書きプログラムを作るしかないなー。
 思い浮かんだ中で、最も簡単に組めそうだったのがperl。

 さ、作るか。えーっと。
 ・・どうやって、ファイルの書き込みをするんだっけ?
 ・・どうやって、標準入力からデータを得るんだっけ?
 ・・for文はどういう構文だったっけ!?

 か、完全に忘れとる!!
 最後にperlに触れたのは一体いつだったんだっけか!?

 ネットで調べながら作る有様に。ぐああ、こんなこともできなくなっているとは。
 そもそも、ずーっとまともなプログラム作ってないからなー、もしかしたらjavaだって怪しいかもしれないぞ。
 うーむ、大いにありえる。

シャーペン落書き 
2007 / 11 / 14 ( Wed )  23:55
 創作には、魅力的なキャラクターというのが重要だなあ、と。

 サークル七草粥次回作品(たぶん)「旬直」を考案しているときに気付いたこと。
 そういうキャラクターがいると、作品作りにも精が出る。
 魅力というのはおそらく、人物設定というより、ほかの登場人物との掛け合いで決まってくる要素だとは思う。卵が先か、にわとりが先か、のようなところはあるけれども。
 そういうやる気のもとが重なって、調子に乗れるといいなあ。
 それはそれは、とてもよい循環でし。

鈴
 既にある作品のキャラクターは、魅力的なのですよ。唐突ですが。
 リトルバスターズの棗鈴です。

 ここんとこ絵を書くねたに詰まりものを感じてまして。
 まー、へーふんばっかり書いているからだろうなあ。
 うまくなるためにと、同じ構図でもいいからとにかく書く、がりがりがりがりそればっかり。
 そんなとき、たまには気分転換もいいね。
 いやいや、そもそも追い詰まってしまうぐらいなら、いろんなものを書いていた方がいい筈だ。
 それ自体が書く動機になる、つーこってす。これもまた、いい循環を生むでしょう。
 よし、いろんなものを書こう。
 
作曲環境構築 
2007 / 11 / 13 ( Tue )  23:51
 新しいぱしこん君で、作曲してみようと思いましたよ。
 ですがね。

 レコポンが動かない!
 保存しようとすると、吹っ飛んでくれる。

 ケークウオークもエラーっぽい? ウインドウが出る。

 うおー、どうしたらいいんじゃ~。
 ケークウオークはともかく、数値入力に頼っていたもんだから、レコポンが使えないのは痛いな・・。
 まあ、どうも保存の途中で失敗しているみたいなので、テンポラリファイルとしてデータは確保されている模様。そのテンポラリファイルの名前を、~.G36に変えればいいようだ? ・・いや、よくない。保存するたびに吹っ飛ぶソフトなど、使えるとはとても言えん。SMFはすんなり保存できるのに。
 気になって調べてみると、メーカーのホームページには、しっかり「Vistaでは動きません」と書いてあるんだな。

 困った。
 どうしよう。

 動くかどうか分からないソフトを、今買ってしまうのは危険だし。
 ものは試しだ、フリーソフトで探してみよう。

 ・・・。

 なんと。あるではないか。数値入力のが。
 midiomというものです。
 入力方式が殆どレコポンと同じだ・・!
 これは簡単に移行できるぞ、ビスタ君でも動いている感じ。

 では早速、雛形ファイルでも作ってみよう。
 めんどいので、レコポンで使っていたやつをそのまま読み込んでみよう。

 ここで変なことが起きた。
 なぜか、ミディーフォーマット0形式だと、midiomが吹っ飛びました。1だと大丈夫。
 そもそも、これが分かるまでに相当手間取りましたい。

 そんなこんなで作曲までに随分と回り道。
 midiom自体の使い勝手は、譜面がないのにちょいと違和感を感じるけれど、慣れの問題かも。
ぱしこんの解体 
2007 / 11 / 11 ( Sun )  22:24
 五年間お世話になった旧ぱしこん君は、友人に引き取られることが決まりました。

 渡す前に、ぱしこんをきれいにしておきたい。
 だって、危険なものも入っていますよ?(謎)
 ハードディスクをすっからかんに。
 う~む、単体でやるのはめんどくさい、ほかのぱしこんに繋げて、そこで処理しよう。

 そこで、ぱしこんの解体。
 ハードディスクを抜き出せばいいわけだ。

 さて、どうしたものか。
 確か、このねじを取るんだったな。
 取れた。

 次は、蓋を外す。
 外す。
 外す?

 どうやって?

 む、ずらすんだったかな。
 うぐぐ・・。だめだ。

 こうか? それとも? えーと?







 ・・・蓋を開けるだけで、三十分も要してしまった・・・。
 おばかちんです。

 説明書を見ればいいのに。
 くそう、わけ分からん根性とプライドがここぞとばかりに邪魔しよって。

 ハードディスクは、んーと、ここかー。

 ・・・よし、やめよう。

 また、どあほさんでした。
 スリム型のぱしこんだったから、ハードディスクを取るためには、CDドライブも、マザーボードも、あらかた外さないとならない。
 開けてから気付きました。とんでも仕様に退散。

 さー、でも懲りない。
 起動用ディスクでも作って、それから、ハードディスク全上書きプログラムでも作るかー。
 久々のDOSプログラミングだー、わーい。いや、嬉しくない。めんどい・・。
ブログ作り 
2007 / 11 / 10 ( Sat )  23:45
 ぱしこん君、セットアップは最終段階。
 作曲もできる環境が整いました。
 ミディーケーブルがないから使えない~と思っていたけれど、気付けば予め買っておいたUSBミディーインターフェースに付属してるどほ。おまぬけさん。

 あー、ブログのデザインも作らないと。いつまでもサークルのを拝借しとるのもなんとも。
 背景は水面ぽくしよう、とか思ってまして、こんなものを作ったりしてます。
背景っぽい水面
 氷のようにも見えなくもない。まあいいや。

 それから。
 東京お台場にある未来館へ行ってきました。
 地下展という催し。NHKスペシャルをイメージしてわくわく。
 ですがー・・・。
 内容はなんとも形容し難い、う~む、科学と芸術の合作のような感じ。
 新感覚ではありましたな。知りたいのだけれども未解明でもどかしい、最先端の悩みを共有してください、そういうことなのだと理解してみる。
 お昼のあとは常設展も回って、至るところにいらっしゃる解説員との科学な(?)会話が新鮮でしたい。

 地下展。「地下」を鍵に、派生する様々な分野を取り上げた企画。地下に埋まっているものや、地下から分かる歴史、そして宇宙。この芋づる的発想は面白いな~。
 お、ひらめいた。
 わしもそういう企画をブログでやってみよう。
 「がらへび文字展 ~発生と発展、その応用~」とか。
 うおおー、意味分からん、なんだかすごいぞ。
塗ったっぽい 
2007 / 11 / 09 ( Fri )  01:31
鈴
なんだか、塗ったっぽいです。
下塗りのつもりが、そのまま影っぽい塗りになって・・。
塗り残しも結構あるなあ、とにかく久し振りの塗りだー。
影の表現とか、塗り重ねとか、勉強したいですわ。
いつになったら絵が塗れるのだろう? 
2007 / 11 / 06 ( Tue )  23:39
夏のひこばえ
 ふぅ・・。やっとこさPixiaをインストールできましたよ・・。
 絵を書くためには、これも必要だったことを忘れていましたい。
 線画の透明化処理は、こちらの方がきれいにできるのさっさー。

 互換モードをWwindows95にしないと動かないとは、こはいかに?
創作開始 
2007 / 11 / 04 ( Sun )  23:50
 部屋の改装は終了・・。
 だが、ぱしこんの改装(?)はまだまだ続くのだ。
 週末に、へいこら頑張って、どうにかスキャナーやペンタブレットは使えるようになった。
 お絵かきに、最低限必要な状態のセットアップはできたというわけ。

 さて。
 今度は作曲の方です。実は一ヶ月ぐらい、鍵盤にすら触れていないという有様。
 おまけに、新しいぱしこんへ直接には鍵盤を繋げられない。予め購入しておいたUSBミディー機器を使うのだ。
 だがしかーし。ミディーケーブルがない・・。来週、手に入れられる手筈にはなったものの、それまで作曲はお預け。
 ぐああ・・。絵を一日書かないだけでかなり腕が落ちたのだから、作曲はどうなっているのかそれはもう恐怖?

 絵については、折りしもサークルの方で、記念絵の募集が始まったんだな、これが。
 うう、絵もご無沙汰になっとりましたい。
 では練習だ、もちろん、書きたいから書くのだ(何をしのごの言い訳しているんだか)。
 オリジナルじゃない絵を書くのも久し振りだわ、へーふんばっかり書いてたからのぅ。
リトルバスターズの棗鈴
 同じ絵を参考にしたものだから、当然、たいさのと被ってる。リトルバスターズの棗鈴。
 よし、色塗るぞ(いつか)。

 「腕振り上げているところとか、ONEの七瀬だ」とたいさに言われてちょっと直したものを。
 始めは口を四角に書いてたらなおさらそんな感じ。
ぱしこん君がいうことをきいてくれない 
2007 / 11 / 03 ( Sat )  23:08
 やっと、パソコンの移行に本格着手。
 やっぱり、部屋の模様替えと同時に作業するのは無理があった・・。

 さてさて。
 おにゅーのパソコンをいじくりだして数時間。
 ・・・おぅ、Windows vista、どうにもこうにも、全く操作感が違うだ。
 スタートメニューから言って、アクセラレーションキーが使えないとか、キーボードを駆使しているつもりのわしにとっては、非常に慣れないどす。

 こりゃ、環境を整えるだけで数日、いやいや数週間かかってしまうやもしれぬ。
 絵を書く時間が食われちまうだ~いやだ~。
カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

プロフィール

がらへび

Author:がらへび
描くのは好き、作曲も好き、お話も書きたい、いろいろ食指がのびてます。
創作サークルの七草粥で活動しています。

カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。